買いたい株式があるけど、資金が足りない!こんな時に信用取引がある

信用取引で資金不足をカバーできる

信用取引は証券会社に預けてある保証金以上の金額を取引できる制度です。株式投資をする際に資金が不足していると投資できる機会があってもそれを逃してしまったり分散して投資する事が難しくなりますが信用取引を利用すれば一時的に資金を借りる形で株式投資が出来るので資金不足による不利を解消できます。保証金以上の取引をするという事は保証金以上の損失が発生する可能性もあります。リスクが高くなる事をよく理解して使わなくてはいけないです。
ただやみくもに大きな取引をするだけだと損失が大きくなるだけなのでしっかりリスクマネジメントをして無理なく使うものなのです。信用取引は誰でも使える訳でなく証券会社の審査を通過すると使用できるようになります。

強制ロスカットは機能しない場合がある

強制ロスカットとは信用取引によって追証が発生しないように保証金と同じ額まで損失額が大きくなった際にそれ以上の損失を出す前に証券会社が自動的に決済を仕組みです。これによって投資する本人は保証金を失うだけでなく追加で損失の補填をする必要がなくなる訳ですが必ず機能するとは限りません。急激な株価の大暴落が起きた時には売り注文を出しても間に合わず結果的に追加で損失を支払う必要が出る事もあるのです。その為いくら強制的に決済行われるシステムがあったとしても正常に機能する保証はないので安心してはいけません。
信用取引を使うという事は保証金以上の損失が出てしまうリスクが常にあると認識して上手く活用する事が重要です。