知らないでは済まされない!信用取引にはリスクがあります

信用取引を知っておきましょう

信用取引ってよく耳にしますよね。この信用取引、一言で説明すると、自分を信用してもらう事で自己資金以上の株式投資を行う事です。要するに自分の資金や株式などを担保に証券会社からお金を借りて、そのお金で投資を行うという事です。
信用取引にはどんなメリットがあるのでしょうか?この信用取引を利用すれば、自己資金の最大3倍までの取引が可能になります。という事は上手くいけば利益も3倍になるわけです。信用取引をすると空売りをすることも出来ます。通常は株価が上がる事で利益を出すのですが、この空売りを利用すると、株価が下がることによって利益を出すことが出来るんです。上手く活用すれば少ない資金でも利益を出す事の出来る投資だと言えます。

良い事だけではありません

信用取引は証券会社からお金を借りている訳ですから、当然返さなければいけません。ここには6ヵ月以内に返済するというルールがあります。当然借りている訳ですから、そこには金利が発生します。つまり通常の取引手数料の他に利息が必要だという事です。信用取引で手数料を確認する際は、手数料+利息の合計額を確認して下さい。
追証が発生する場合もあります。追証というのは追加で担保が必要になることです。信用取引で買っていた株が急激に下がってしまい、持っている資金や株券では足りなくなってしまうと、追加の担保を要求されます。もしこの時に追加の担保を期日までに追加出来なかった場合、保有している株式が自動的に売却されてしまいます。
こういったリスクをしっかり理解した上で信用取引を利用するかどうかを考えて頂きたいと思います。

株の信用取引は、自分の持ち金の3倍の取引が可能で人気ですが、充分勉強してから行うようにしましょう。損をすると立ち直れなくなります。